お問い合わせ
日本看護研究学会
九州・沖縄地方会

〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
九州大学
Tel&Fax:(092)642-6747
担当:潮みゆき
mail:m-ushio@hs.med.
kyushu-u.ac.jp

あゆみ 

 

年度開催期日 開催地 学術集会会長等
(所属)
テーマなど
平成8年度
平成8年11月23日
1 熊本県 佐々木光男
(熊本大学教育学部)
「若い看護職者の研究マインドを育てるために学会に参加する機会を作ろう」と第1回の九州地方会が開催された
平成9年度
平成10年3月
2 鹿児島県 木場冨喜
(鹿児島純真女子大学看護学部)
講演「歴史や文化的背景の中で看護を考える」
パネルディスカッション「異文化と健康」
平成10年度
平成11年3月20日
3 福岡県 阿蘇品スミ子
(久留米大学医学部看護学科)
看護実践の気づきを科学的に
平成11年度
平成12年3月
4 佐賀県 松岡 綠
(佐賀医科大学医学部看護学科)
特別講演「医療情報開示に向けての診療録管理のあり方」
平成12年度
平成13年3月18日
5 宮崎県 須永 清
(宮崎県立看護大学)
特別講演「看護の専門性の基盤」
平成13年度
平成14年3月16日
6 大分県 豊澤 英子
(大分医科大学看護学科)
特別講演「中華人民共和国における看護教育の過去・現在・未来」
平成14年度
平成15年3月15日
7 福岡県 延近 久子
(産業医科大学保健学部)
シンポジウム看護教育の倫理について考える
平成15年度
平成16年3月9日
8 鹿児島県 東 サトエ
(鹿児島大学医学部保健学科)
21世紀の看護の新風は南の薩摩から
平成16年度
平成16年11月13日
9 熊本県 花田 妙子
(熊本大学医学部保健学科)
ニーズに応える看護の創意工夫
平成17年度
平成17年11月5日
10 長崎県 寺崎 明美
(長崎大学医学部保健学科)
戦後60年、次代を担うケアリングを再考する
平成18年度
平成18年11月11日
11 福岡県 大池美也子
(九州大学医学部保健学科)
語ることを通した看護の探求と再発見
平成19年度
平成19年11月10日
12 沖縄県 宇座美代子
(琉球大学医学部保健学科)
島嶼看護の道を拓く
平成20年度
平成20年11月8日
13 佐賀県 井上 範江
(佐賀大学医学部看護学科)
地域に選ばれる看護のために
平成21年度
平成21年11月7日
14 宮崎県 土屋八千代
(宮崎大学医学部看護学科)
看護の原点-セルフヒーリングー
平成22年度
平成22年11月20日
15 福岡県 小田正枝
(国際医療福祉大学福岡看護学部)
看護教育・看護実践から学びを拓く
平成23年度
平成23年11月12日
16 大分県 草間朋子
(大分県立看護科学大学看護学部)
看護・看護学の進化・発展を支える看護研究ー「つかえる」エビデンスを「つくる」ー
平成24年度
平成24年11月17日
17 長崎県 浦田秀子
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻)
人が育つ・看護を育てる
平成25年度
平成25年11月2日
18 鹿児島県 小湊博美
(鹿児島純心女子大学看護栄養学部看護学科)
看護を科学する力 -臨床知と研究知をつなぐ-
平成26年度
平成26年11月8日
19 熊本県 前田ひとみ
(熊本大学大学院生命科学研究部)
看護実践力のScienceとArtを拓く
平成27年度
平成27年11月21日
20 沖縄県 砂川洋子
(琉球大学医学部保健学科)
実践知と研究知のHarmony&Empowerment
平成28年度
平成28年11月12日
21 宮崎県 栗原保子
(宮崎県立看護大学看護学部)
実践と研究の有機的連動-看護の知の創出をめざして-

敬称略。これまでの議事録などから本表を作成しました。修正箇所などが予測されることを御了承願います。
作成者 九州・沖縄地方会会長

 

 

 

 

学術集会のご案内
第22回学術集会のご案内
会期:2017年11月4日(土)
会場:佐賀大学医学部看護学科棟

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。詳細は本会ホームページをご覧ください。

トップページに戻る