お問い合わせ
日本看護研究学会
東海地方会事務局

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
藤田保健衛生大学医療科学部看護学科
電話:0562-93-2613
FAX:0562-93-4595
(宛名の記入をお願いします)
担当:此島由紀

学術集会

第11回 一般社団法人日本看護研究学会 東海地方会学術集会

2006年11月1日

日本看護研究学会
東海地区会員 各位

日本看護研究学会東海地方会会長
第11回日本看護研究学会東海地方会学術集会大会長
渡邉 順子

第11回 日本看護研究学会東海地方会学術集会

テーマ:「看護介入研究のアジェンダ」

ナースだからできる、ナースにしかできない、そんな成果がわかる看護介入研究を知りたい。看護介入研究の“現在・過去・未来”から導き出されるアジェンダ(指針/検討課題)を探ります。 みなさまと共に実り多いひと時を過ごしたいと思います。多数のご参加を心よりお待ちしております。

日時:2007年3月17日(土)9:00~17:00
場所:アクトシティ浜松 コングレスセンター4F(JR浜松駅隣接)
〒430-7799
静岡県浜松市板屋町 111-1
電話:053-451-1111
FAX:053-451-1123
URL:http://www.actcity.jp/

プログラム

総会・一般演題発表・基調講演・ランチョンセミナー・シンポジウム・ワークショップなど

基調講演 がん看護介入の“現在・過去・未来”
小島操子氏 聖隷クリストファー大学大学院看護学研究科教授

プロフィール/こじま みさこ
ミネソタ大学大学院修了(看護学修士)、医学博士。千葉大学、聖路加看護大学、大阪府立看護大学の教授・学長を経て、2005年より現職。日本がん看護学会理事長。専門はがん看護学および看護倫理学。大学院ではがん看護スペシャリスト(CNS)教育に取り組んでいる。著書に『看護における危機理論・危機介入』(金芳堂)などがある。

<座長>青木和恵氏 静岡県がんセンター副看護部長

ランチョンセミナー CDC最新ガイドラインと感染対策~静脈・輸液注射実施上の課題~
矢野邦夫氏 県西部浜松医療センター感染症科科長

プロフィール/やの くにお
名古屋大学医学部卒業、医学博士。名古屋第二赤十字病院および名古屋大学にて臨床を経て、米国フレッドハッチンソン癌研究所留学、ワシントン州立大学エイズトレーニングセンター臨床研修終了。1997年より現職。日本臨床血液学会評議員、日本内科学会指導医・認定医。『CDC最新ガイドラインエッセン集』(メディカ出版)、「院内感染対策ガイド」(日本医学館)など著書多数。

<座長>藤井徹也氏 名古屋大学医学部保健学科助教授

ワークショップ 疼痛緩和のための疾患別ピアノミニコンサート
店村眞知子氏 聖隷クリストファー大学社会福祉学部助教授

プロフィール/たなむら まちこ 神戸女学院大学音楽学部卒業後イタリア留学。兄である店村眞積(現・NHK交響楽団主席ビオラ奏者)とイタリアを中心にヨーロッパで活動。現在は、「音楽と身体表現」、「音楽療法の精神生理学的研究―治療を目的としたピアノコンサート」を研究中。

シンポジウム 専門分野における看護介入研究のアジェンダを探る
座長 渡邉順子氏 聖隷クリストファー大学看護学部教授

精神看護学分野 遠藤淑美氏 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻助教授

プロフィール/えんどう よしみ
千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。看護学(博士)。保健師、短大助手、心理相談員および東京大学医学部附属病院精神神経科看護師を経て、2003年より現職に至る。「統合失調症を有する人の自我発達を支援する看護援助の構造」を研究テーマとし、統合失調症の方々の自我発達を支援する看護援助について探求している。

家族看護学分野 浅野みどり氏 名古屋大学大学院医学系研究科保健学専攻教授

プロフィール/あさの みどり
北里大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。看護学(博士)。国立小児病院(現・成育医療センター)および藤田保健衛生大学病院小児病棟看護師を経て、現職に至る。北里大学大学院森 秀子教授のもとで「家族看護学」を学び、現在は名古屋大学医学部保健学科発達看護学講座で看護基礎教育に従事している。

地域看護学分野 上野まり氏 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科講師

プロフィール/うえの まり
千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程修了。看護学(修士)。東京都内総合病院内科病棟にて看護師に従事。日本看護協会訪問看護開発室、横浜市訪問指導員、訪問看護ステーション管理者、千葉大学看護学部訪問看護分野講師を経て、2004年より現職に至る。慢性疾患で入退院を繰り返す患者さんに出会い訪問看護の必要性を痛感している。

一般演題の募集と参加申し込みについて

一般演題の申し込み方法

以下の3点をまとめて,下記の地方会事務局に「一般演題抄録在中」と朱書きの上送付してください。
1)演題申込書 1枚  希望する発表形態<口演>か<示説>を明記してださい。
2)抄録原稿  3部  厚紙やクリヤフォルダー等で保護し,折らないで下さい。
・原稿は,A4版1枚に同封の見本に従い,ワープロ・パソコン等を用いて作成して下さい。
・提出された原稿はそのまま印刷原稿なります。鮮明なものをお送り下さい。
3)官製はがき 1枚(宛名に発表代表者の住所・氏名を記入し、裏は白紙のまま)
・採否および発表形態(口演・示説)を通知します。ご希望の発表形態に添えない場合があります。

一般演題の申込期限:平成19年1月15日(月) 必着です!

演題発表者と共同研究者について

・発表者および共同研究者は全て日本看護研究学会員に限ります。
・非会員の方は,日本看護研究学会事務局(千葉)で入会手続きを完了してからご応募下さい。
・なお,本地方会学術集会は参加費で運営されております。

当日,出席できない共同研究者の方も,全員、参加費を事前にお支払い下さい。

学術集会の参加申込方法

・学術集会参加は事前申込をできるだけお願いいたします。
・事前申込をされる方は,同封の振込用紙もしくは郵便局の振込み用紙にて参加費をお振込み下さい。
・振り込み通信欄に「会員番号」「非会員」「学生」のいずれかをご記入下さい。
・期限までに参加費を振り込まれ方には,抄録集を事前に送付いたします。
・当日参加は可能です。抄録集は当日渡しになります。

学術集会の参加申込期限:平成19年3月1日(木)

参加費

会員3,000円 非会員4,000円 学生1,000円(院生を除きます)

参加振込先

口座番号 00860‐5‐57417
加入者名  日本看護研究学会東海地方会事務局

同封の郵便振込用紙は,東海地方会学術集会専用です。
日本看護研究学会の入会申込みではありません。ご注意下さい!

*上記の内容は、すでに東海地区会員には東海地方会ニュースレター(vol.10)と共に送付されております。東海地区会員以外の方もしくは、非学会員の方で資料等をご希望される場合は、東海地方会事務局までご連絡ください。

お問い合わせは下記まで

日本看護研究学会 東海地方会事務局
〒433-8558
静岡県浜松市三方原町3453
聖隷クリストファー大学 看護学部
電話:053-439-1400(代)
FAX:053-439-1406
担当:米倉 摩弥 maya-y@seirei.ac.jp

学術集会のご案内

第22回 東海地方会学術集会
poster22th_01s.jpg
日時:
平成30年3月10日(土)
場所:
椙山女学園大学 星が丘キャンパス 看護学部

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。詳細は本会ホームページをご覧ください。

トップページに戻る