お問い合わせ
日本看護研究学会
東海地方会事務局

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
藤田保健衛生大学医療科学部看護学科
電話:0562-93-2613
FAX:0562-93-4595
(宛名の記入をお願いします)
担当:此島由紀

学術集会

第15回 一般社団法人日本看護研究学会 東海地方会学術集会

2011年4月26日


一般社団法人日本看護研究学会東海地方会会員 各位


一般社団法人日本看護研究学会東海地方会
会長 天野 瑞枝
第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会
黒田 裕子


第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会
学術集会中止に伴う発表の取り扱いのお知らせ

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申しあげます。1日でも早い復旧をお祈り申し上げます。
この度の震災に伴い、平成23年3月19日(土)に開催予定であった第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会を中止したことによる発表の取り扱いは以下の通りとします。
 発表予定であった示説の内容を冊子化し、第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会抄録集とともに3月31日付けで東海地方会全会員に配布し、第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会での発表と致します。
尚、事前に参加費をお振込み頂いた皆様には、4月中に参加費を現金で返却致します。
今後とも本学会へのご支援、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

2011年4月26日

第15回 一般社団法人日本看護研究学会
東海地方会学術集会のお知らせ

テーマ:「学びなおそう看護研究-実践に役立てるために-」

このたび一般社団法人日本看護研究学会第15回東海地方会学術集会のプランナーを務めさせていただくことになりました黒田裕子(北里大学看護学部)でございます。
昨今、看護師が看護研究を実施する数は増加してきていますが、研究が終わったらそれで終わりとなっているような印象を受けます。せっかくたいへんな思いで行った看護研究の結果を、どのように現場の看護実践に役立てていけばいいんだろうか、つまり、研究結果を看護の現場に還元していくことについては未だ十分な議論がなされないままにいるのではないでしょうか。
そこで第15回集会のテーマを、“学びなおそう看護研究-実践に役立てるために-”とさせていただきました。 “学びなおそう看護研究”に関連する講演では、テーマの絞り込みや研究計画書の書き方について黒田裕子がわかりやすく解説させていただきます。また、質的研究の中でもとりわけ難解な現象学的な看護研究については西村ユミ氏にご講演いただくこととなっております。さらに、質的研究の概要については谷津裕子氏に、質的研究の方法論については久保五月氏に、さらに、看護研究における倫理的配慮については綿貫恵美子氏にご講演いただくこととなっております。サブテーマとさせていただきました“-実践に役立てるために-”に関しましては、シンポジウムを企画させていただきました。研究結果を現場に還元していくためにどのような試みをされていらっしゃるのか、各専門領域でご活躍中の臨床家を中心にご発言いただき、フロアの皆様方と一緒に大いに議論をしていきたいと考えております。 どうか、できるだけ多くの方に参加していただけますように、ご協力・ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。
北里大学・相模原キャンパスは緑に囲まれ周辺の山々の雄大な景色が楽しめるところでございます。小田急線相模大野駅・JR相模原駅・JR古淵駅からバスでいらっしゃるご不便をおかけいたすかと存じますが、どうか皆様、仲間の方々とお誘い合わせの上、北里までお運びいただけますように心よりよろしくお願いいたします。

第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会プランナー 黒田 裕子

日時:平成23年3月19日(土) 10:00~17:00
場所:北里大学 相模原キャンパス L3号館
〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

プログラム

○基調講演「看護研究のテーマ絞り込みと研究計画書作成において陥りやすい問題とその対策」
黒田 裕子 (北里大学大学院クリティカルケア看護学 教授)

○特別講演「看護における現象学的研究の方法論について」
西村 ユミ氏 (大阪大学コミュニケーションデザインセンター 准教授)

○教育講演Ⅰ「臨床看護師が押さえておきたい研究倫理」
綿貫 恵美子氏 (北里大学看護学部 准教授)

○教育講演Ⅱ「はじめよう!質的看護研究-やさしく学ぶ、楽しく取り組む-(仮)」
谷津 裕子氏 (日本赤十字看護大学 准教授)

○教育講演Ⅲ「質的研究:フィールドワークの方法と実際」
久保 五月氏(北里大学看護学部 准教授)

○シンポジウム「実践に役立てる看護研究」
シンポジスト:
千﨑美登子氏(北里大学病院)
剱持  功氏 (東海大学医学部付属病院)
小林 礼実氏(聖マリアンナ医科大学病院)
山口 桂子氏(愛知県立大学看護学部)
座長:黒田 裕子(北里大学看護学部)

○一般演題(示説のみ)

参加費

会員: 3,000円
非会員:4,000円
学生:1,000円(学生に大学院生は含まない)
郵便振込

口座番号 00850-7-142916
加入者名 日本看護研究学会東海地方会

※会員の方は通信欄に必ず会員番号をご記入ください。

演題発表および参加申し込み方法

11月頃発行予定の東海地方会ニュースレターをご参照ください。日本看護研究学会ホームページの東海地方会のページにも掲載いたします。

問い合わせ:第15回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会・事務局
〒252-0329
神奈川県相模原市南区北里2-1-1
北里大学大学院クリティカルケア看護学内
FAX:042-778-9069
E-mail:yamadaa@nrs.kitasato-u.ac.jp

学術集会のご案内

第22回 東海地方会学術集会
poster22th_01s.jpg
日時:
平成30年3月10日(土)
場所:
椙山女学園大学 星が丘キャンパス 看護学部

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。詳細は本会ホームページをご覧ください。

トップページに戻る