お問い合わせ
日本看護研究学会
東海地方会事務局

〒477-0031
愛知県東海市大田町川南新田229番地
日本福祉大学看護学部
電話0562-39-3811(代)
担当:渡邉亜紀子

学術集会

第23回 一般社団法人日本看護研究学会 東海地方会学術集会

2018年3月30日


一般社団法人日本看護研究学会東海地方会会員 各位


第23回学術集会 会長 篠崎惠美子
(人間環境大学看護学部・看護学研究科)



第23回 日本看護研究学会 東海地方会学術集会のご案内


 東海地方会の第23回学術集会を開催するにあたり、美しい布を織り成すための「つむぎ」や様々な場面での「つながり」をコンセプトしたいと考えました。
 何本もの線維を撚りあわせることで1本の糸ができます。その撚りあわせを「つむぐ」と表現されます。看護も様々な学問・要素を織り交ぜながら、作り出されていくものであると思います。たった1本の線維では心もとない強さであっても、何本もの線維がより合わさることで強さが増します。また、様々な色の横糸と縦糸を織り交ぜることで美しいも色・模様が出来上がります。横糸は看護の受け手である患者・家族、さらには地域、縦糸は看護の提供者である看護師・その他の医療者と考えることができないでしょうか。そこで第23回学術集会のメインテーマを、「つなぎつむぐ看護」としました。
 基調講演では、看護基礎教育における地域住民を活用した模擬患者参加型教育についての取り組みをご紹介し、情報交換ができたらと考えています。
 特別講演では、ジャーナリストで「がん患者」の著者でもある鳥越俊太郎氏からご講演をいただきます。
 また、大府市の後援を得ることができました。具体的には下記のとおり企画をしております。


テーマ:つなぎつむぐ看護

会 期:2019年3月17日(日)

会 場:おおぶ文化交流の杜allobu
(〒474-0053 愛知県大府市柊山町6丁目150-1)


poster23rd_01.jpg


プログラム

基調講演:「つなぎつむぐ看護」
篠崎惠美子(人間環境大学看護学部・看護学研究科)

特別講演:「"患者鳥越""取材者鳥越"がつなぎつむぐ看護」
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)

ワークショップ1:「おばあちゃん劇団とつむぐ認知症看護」
鈴木みずえ(浜松医科大学看護学部)

ワークショップ2:
「倫理的課題の解決に向けた事例検討会~4分割法を用いて解決してみませんか~」
伊藤 千晴(人間環境大学看護学部・看護学研究科)

一般演題(示説) 20題程度を予定

今後プログラム変更の可能性がありますことをご承知おきください。


学術集会に関するお問い合わせ先

人間環境大学看護学部
一般社団法人日本看護研究学会東海地方会第23回学術集会事務局
TEL: 0562-43-0701(代)
e-mail: toukai2019@uhe.ac.jp

学術集会のご案内

第23回 東海地方会学術集会
poster23rd_01s.jpg
日時:2019年3月17日(日)
場所:おおぶ文化交流の杜allobu

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。詳細は本会ホームページをご覧ください。

トップページに戻る