現在地 = HOME


学会からのお知らせ

[会告]平成27年12月20日

平成27年12月20日

会告(1)

一般社団法人日本看護研究学会第42回学術集会を,下記のとおりつくば市において開催いたしますので,お知らせいたします。

リンク 学術集会詳細をご覧ください。


一般社団法人 日本看護研究学会
第42回学術集会
会長 川口 孝泰(筑波大学 教授)

会告(2)

日本看護研究学会雑誌38巻3号掲載を下記の通り訂正いたします。

(1)以下の通り訂正いたします。

P10 講師


交流集会I 「インスリン自己注射針着脱補助具の開発」
世話人:渡辺千枝子(松本短期大学看護学科)
講師:百瀬ちどり(松本短期大学看護学科)
目久田純一(松本短期大学幼児保育学科)
嶋㟢 昌子(松本短期大学看護学科)
垣内いずみ(松本短期大学看護学科)
丸山 泰地(松本市立病院)
会場:第9会場(ラン1)


交流集会I 「インスリン自己注射針着脱補助具の開発」
世話人:渡辺千枝子(松本短期大学看護学科)
講師:百瀬ちどり(松本短期大学看護学科)
目久田純一(松本短期大学幼児保育学科)
嶋㟢 昌子(松本短期大学看護学科)
垣内いづみ(松本短期大学看護学科)
丸山 泰司(松本市立病院)
会場:第9会場(ラン1)

(2)以下の通り訂正いたします。

P10 司会


ランチョン
セミナーI
「ヨーグルトと健康」
共催:株式会社 明治
司会:井上真奈美(山口県立大学看護栄養学部 准教授)
会場:第3会場(ダリア2)


ランチョン
セミナーI
「ヨーグルトと健康」
共催:株式会社 明治
司会:井上真奈美(山口県立大学看護栄養学部 教授)
会場:第3会場(ダリア2)

(3)以下の通り訂正いたします。

P18 発表者・所属


5 看護師長の看護情報活用力向上のための行動変容を目的としたワークショップ開催の効果
○伊津美 孝子1 1名追加
1森ノ宮医療大学 1箇所追加


5 看護師長の看護情報活用力向上のための行動変容を目的としたワークショップ開催の効果
○伊津美 孝子1,真嶋由貴恵2
1森ノ宮医療大学,2大阪府立大学

(4)以下の通り訂正いたします。

P24 発表者・所属


54 周手術期看護におけるアクティブラーニングの効果の検証 -課題理解,動機づけ,および達成感への影響-
○前田 隆子1,市村 久美子1,黒田 暢子1,梅津 百代2
1茨城県立医療大学保健医療学部看護学科,2前茨城県立医療大学保健医療学部看護学科


54 周手術期看護におけるアクティブラーニングの効果の検証 -課題理解,動機づけ,および達成感への影響-
○前田 隆子1,市村 久美子1,黒田 暢子1
1茨城県立医療大学保健医療学部看護学科

(5)以下の通り訂正いたします。

P32 発表者


114 成人看護学急性期実習事前演習における危険予知トレーニングの効果の検証
○佐藤 安代1,岡本 佐智子1,野崎 由里子1,志間 佐和1,松岡 彩1,工藤 理恵1
1日本保健医療大学保健医療学部看護学科


114 成人看護学急性期実習事前演習における危険予知トレーニングの効果の検証
○佐藤 安代1,岡本 佐智子1,志間 佐和1,工藤 理恵1
1日本保健医療大学保健医療学部看護学科

(6)以下の通り訂正いたします。

P50 発表者


290 看護職者の指導者育成プログラムの取り組み -第3報- 修正プログラム内容の評価
○ 佐藤 真由美1,藤田 あけみ1,漆坂 真弓1,小林 朱実2,花田 久美子2,木村 淑子2,竹内 香子2,福井 眞奈美2,一戸 とも子3
1弘前大学大学院保健学研究科,2弘前大学医学部附属病院看護部,3青森中央学院大学


290 看護職者の指導者育成プログラムの取り組み -第3報- 修正プログラム内容の評価
○ 佐藤 真由美1,藤田 あけみ1,漆坂 真弓1,小林 朱実2,花田 久美子2,竹内 香子2,一戸 とも子3
1弘前大学大学院保健学研究科,2弘前大学医学部附属病院看護部,3青森中央学院大学

(7)以下の通り訂正いたします。

P107 講師


垣内いずみ(松本短期大学看護学科)
丸山泰地(松本市立病院)


垣内いづみ(松本短期大学看護学科)
丸山泰司(松本市立病院)

(8)以下の通り訂正いたします。

P108 講師


松本短期大学看護学科 垣内いずみ
松本市立病院 丸山泰地


松本短期大学看護学科 垣内いづみ
松本市立病院 丸山泰司

(9)以下の通り訂正いたします。

P115 司会


司会:井上真奈美(山口県立大学看護栄養学部 准教授)


司会:井上真奈美(山口県立大学看護栄養学部 教授)

(10)以下の通り訂正いたします。

P120 発表者・所属


5) 看護師長の看護情報活用力向上のための行動変容を目的としたワークショップ開催の効果
○伊津美孝子1 1名追加
1森ノ宮医療大学 1箇所追加


5) 看護師長の看護情報活用力向上のための行動変容を目的としたワークショップ開催の効果
○伊津美孝子1,真嶋由貴恵2
1森ノ宮医療大学,2大阪府立大学

(11)以下の通り訂正いたします。

P150 発表者・所属


54) 周手術期看護におけるアクティブラーニングの効果の検証 -課題理解,動機づけ,および達成感への影響-
○前田隆子1,市村久美子1,黒田暢子1,梅津百代2
1茨城県立医療大学保健医療学部看護学科,2前茨城県立医療大学保健医療学部看護学科


54) 周手術期看護におけるアクティブラーニングの効果の検証 -課題理解,動機づけ,および達成感への影響-
○前田隆子1,市村久美子1,黒田暢子1
1茨城県立医療大学保健医療学部看護学科

(12)以下の通り訂正いたします。

P186 発表者


114)成人看護学急性期実習事前演習における危険予知トレーニングの効果の検証
○佐藤安代1,岡本佐智子1,野崎由里子1,志間佐和1, 松岡 彩1,工藤理恵1
1日本保健医療大学保健医療学部看護学科


114)成人看護学急性期実習事前演習における危険予知トレーニングの効果の検証
○佐藤安代1,岡本佐智子1,志間佐和1,工藤理恵1
1日本保健医療大学保健医療学部看護学科

(13)以下の通り訂正いたします。

P224 表

(14)以下の通り訂正いたします。

P245 表

(15)以下の通り訂正いたします。

P280 発表者


290)看護職者の指導者育成プログラムの取り組み -第3報- 修正プログラム内容の評価
○ 佐藤真由美1,藤田あけみ1,漆坂真弓1,小林朱実2,花田久美子2,木村淑子2,竹内香子2,福井眞奈美2,一戸とも子3
1弘前大学大学院保健学研究科,2弘前大学医学部附属病院看護部,3青森中央学院大学


290)看護職者の指導者育成プログラムの取り組み -第3報- 修正プログラム内容の評価
○佐藤真由美1,藤田あけみ1,漆坂真弓1,小林朱実2, 花田久美子2,竹内香子2,一戸とも子3
1弘前大学大学院保健学研究科,2弘前大学医学部附属病院看護部,3青森中央学院大学

第5回評議員選挙
MedicalFinder

学術集会のご案内
  • 第43回学術集会
  • 第43回学術集会はおかげさまで盛会のうちに終了することができました。
    ご参加いただきました皆様、関係各位に心より御礼申し上げます。
  • ●第45回学術集会
    2019年8月20日(火)・21日(水)
    大阪府立国際会議場(大阪市)

J-STAGE

MedicalFinder

イヤーブック

会員情報管理システム

大規模災害支援事業

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。当ホームページでは登録仮申請を行っております。

トップページに戻る