現在地 = HOME


学会からのお知らせ

日本看護研究学会において研究倫理審査を申請することができます

平成26年7月1日

一般社団法人 日本看護研究学会
会 員 各位

一般社団法人 日本看護研究学会
  理事長 黒田 裕子   

日本看護研究学会における研究倫理審査の実施について

 平成26年度定時社員総会(平成26年5月18日開催)において、研究倫理審査委員会規定(案)について審議され、賛成多数で承認されたことを受け、本学会において研究倫理審査委員会を立ち上げ、研究計画書段階での研究倫理審査を行うことになりました。

 本委員会は、学会員の研究活動を支援・促進する目的で本学会に設置されたものです。人を対象とする研究については「ニュルンベルグ綱領」、「ヘルシンキ宣言」、「臨床研究に関する倫理指針(厚生労働省)」、「看護研究における倫理指針(日本看護協会)」、「疫学研究に関する倫理指針(厚生労働省)」等の趣旨に基づいて実施することが求められます。よって、各種学会における研究発表や学術論文の投稿においては、研究の科学的妥当性と研究実施上の倫理的適合性についての担保が必須要件とされるようになりました。

 しかし、本学会の会員の中から倫理審査委員会を持たない組織に属しているため、研究の推進に支障をきたしているという訴えがありました。こうしたニーズを受け、本学会は学術集会中に交流集会や相談窓口を設けるとともに、研究支援の方法を数年かけて検討してまいりました。

 その結果、日本看護研究学会として本学会員の研究のための倫理審査を学会が実施することになりました。つきましては研究倫理審査を希望される会員は、別紙「一般社団法人日本看護研究学会 研究倫理原則」と「一般社団法人日本看護研究学会 研究倫理審査委員会規程」をよく読み、「日本看護研究学会研究倫理審査申請書」に必要事項を記入のうえ、全ての書類を本学会事務局にお送りください。


日本看護研究学会 研究倫理審査のページへ

トップページに戻る