現在地 = HOME


学会からのお知らせ

防災学術連携体 年末のご挨拶メールを転載しました

防災学術連携体の56参加学会の防災連携委員、および特任会員の先生方

クリスマスが過ぎ、年の瀬も迫ってきましたが、皆様、お元気でご活躍のことと思います。

北海道では大雪が降っていますが、大きな災害にならなければと祈っています。
年末のご挨拶を兼ねて、幾つかご報告いたします。

1. 日本学術会議の活動
日本学術会議は3年を一つの期として活動しており、本年(2017)10月に第24期が始まりました。日本学術会議に設けられている課題別委員会の一つ「防災減災・災害復興に関する学術連携委員会」の第一回委員会が12月14日に開かれ、委員長に米田雅子先生、幹事に田村和夫先生が就きました。防災学術連携体とともに、防災減災に関わる学会連携が深まることを期待します。

2.  シンポジウム「2017年 九州北部豪雨災害と 今後の対策」
12月20日の九州北部豪雨災害に関する公開シンポジウムは、今までのシンポジウムのように満員の参加者があり、基調講演から各学会の発表者のご準備・ご発表もよく、各セッションのモデレーターもよく、有意義に開催することができました。
海堀安喜政策統括官はじめ内閣府防災担当の方々 、多くの学会と日本学術会議のご支援に心よりお礼申し上げます。

このたびのシンポジウムにおいて、発表されなかった学会のご研究に関することもあると思います。
関係の情報をお伝えいたしますので、次の機会には是非、ご発表を期待いたします。

① 当日の資料は「防災学術連携体」のホームページに載せられています。
http://janet-dr.com/07_event/event16.html

② 基調講演、モデレーター、パネルディスカッションに参加された先生方からのコメント、ご意見などを集めました。
  共通のお話もあり、いずれ纏めたいと考えておりますが、ここに添付いたします。

3. 防災推進国民会議と防災推進国民大会
防災学術連携体は日本学術会議とともに、防災推進国民会議のメンバーであり、昨年は東京大学(第一回)にて、本年は仙台(第二回)にて開催された防災推進国民大会にも積極的に参加しています。
内閣府防災の方々がいろいろな活動をされていますが、このたび、「仙台ぼうさいこくたい憲章」を纏めるとのお話があり、防災学術連携体の56学会のご担当の先生方に問い合わせ、貴重なご意見をいただき、最終案に反映されています。ここに添付いたします。
http://bosai-kokutai.jp/charter.html
http://bosai-kokutai.jp/charter.html#english

4. 防災学術連携体の2018年度総会
次年度の防災学術連携体の総会の開催を2018年6月5日(火曜日)の午後に計画しておりますので、ご計画ください。
詳細は、年明けにご連絡いたします。

世界が平和であること、日本でも海外でも大きな災害が起きないことを祈ります。
各学会のご研究が発展すること、さらに深い連携が進むことを期待しております。

防災学術連携体
代表幹事 和田  章(東京工業大学名誉教授)、廣瀬典昭(元・土木学会会長)
事務局長 塚田幸広(土木学会専務理事)、田村和夫(千葉工業大学教授)

添付資料
仙台 ぼうさいこくたい憲章 〜仙台防災枠 組 2015 -2030 2030 の実施 に向けて〜
レポート:「2017年九州北部豪雨災害と今後の対策」/日本学術会議公開シンポジウム / 第5回防災学術連携シンポジウム(2017/12/20(水))

トップページに戻る