現在地 = HOME


学術集会

第37回学術集会

メインテーマ

「エビデンスに基づいた看護実践を!-現場の研究熱を高めよう-」

期日

平成23年8月7日(日)・8日(月)

会場

パシフィコ横浜・会議センター(全館)
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
URL:http://www.pacifico.co.jp

会長講演 「研究結果を現場に還元するための看護研究」
黒田 裕子(北里大学大学院クリティカルケア看護学教授)
座長: 深井 喜代子(岡山大学大学院教授)
招聘講演I 「Metasynthesis: A Goldmine for Evidence-Based Practice」
 (メタ統合:エビデンスに基づく実践(EBP)のための金鉱)
シエリル・タタノ・ベック博士(Connecticut大学看護学部教授)
座長: 新道 幸惠(日本赤十字広島看護大学学長)
招聘講演II 「Developing a Program of Research that is Knowledge Driven and not Method Limited」
(方法に限定されるのではなく,知識にもたらされる研究プログラムの立案)
シエリル・タタノ・ベック博士(Connecticut大学看護学部教授)
座長:筒井 真優美(日本赤十字看護大学教授)
特別講演I 「看護科学のパラダイム転換と今後の課題-質的研究を中心に-」
野島 良子
座長:中木 高夫(日本赤十字看護大学教授)
特別講演II 「質的研究は研究する人間をエンパワーできるか:グラウンデッド・セオリー・アプローチの 多様化をとおして」
木下 康仁(立教大学社会学部教授)
座長:山口 桂子(愛知県立大学看護学部教授)
教育講演I 「ナイチンゲールにみる看護の科学性の礎」
金井 一薫(東京有明医療大学看護学部教授)
座長:小山 幸代(北里大学看護学部教授)
教育講演II 「次世代の看護専門職の育成」
井上 智子(東京医科歯科大学大学院教授)
座長:雄西 智恵美(徳島大学大学院教授
教育講演III 「看護師の役割拡大:そのベクトル」
小松 浩子(慶応大学大学院教授)
座長:渡邉 順子(聖隷クリストファー大学看護学部教授)
教育講演IV 「看護の独自性を位置づける他学との協調」
川口 孝泰(筑波大学大学院教授)
座長:藤井 徹也(聖隷クリストファー大学看護学部教授)
シンポジウムI 「研究成果を現場で使おう」
シンポジスト:
上泉 和子(青森県立保健大学教授)
齋藤 やよい(東京医科歯科大学大学院教授)
真田 弘美(東京大学大学院教授)
宇佐美しおり(熊本大学大学院教授)
座長:
泉 キヨ子(帝京科学大学医療科学部看護学科設置準備室)
飯村 直子(首都大学東京健康福祉学部教授)
シンポジウムII 「研究方法論の普遍性と多様性-さまざまな方法論が目指すエビデンス」
シンポジスト:
黒田 由彦(名古屋大学大学院教授)
山勢 博彰(山口大学大学院教授)
西村 ユミ(大阪大学コミュニケーションデザインセンター准教授)
中山 和弘(聖路加看護大学大学院教授)
座長:
高橋 眞理(北里大学看護学部教授)
浅野みどり(名古屋大学大学院教授)
パネルディスカッション 「-現場における研究の活用-臨床における専門看護師の活躍-」
パネリスト:
近藤まゆみ(北里大学病院看護部、がん看護専門看護師)
宇都宮 明美(聖路加看護大学、急性・重症患者看護専門看護師)
和田 由樹(聖マリアンナ医科大学病院看護部、慢性疾患看護専門看護師)
長田 暁子(横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター看護部、小児看護専門看護師)
座長:
宮腰由紀子(広島大学大学院教授)
小幡 光子(三重大学大学院教授)
交流集会I 「現場の研究熱を高めよう-終焉への適応の考え方を活用して-」
ファシリテータ:
小田 正枝(国際医療福祉大学福岡看護学部教授)
下舞 紀美代(国際医療福祉大学福岡看護学部准教授)
安藤 敬子(国際医療福祉大学福岡看護学部講師)
交流集会II 「もうひとつの看護の流れを求めて-遠隔授業方式によるホリスティックナーシング講座の試み」
ファシリテータ:
小板橋喜久代(群馬大学大学院保健学研究科教授)
柳 奈津子(群馬大学大学院保健学研究科講師)
田渕 祥恵(群馬県民健康科学大学看護学部講師)
渡辺 岸子(新潟大学医学部保健学科准教授)
定方恵美子(新潟大学医学部保健学科准教授)
内山美枝子(新潟大学医学部保健学科助教)
尾崎フサ子(佐久大学看護学部教授)
交流集会III 「家族の力を引き出す、子どもの力を引き出す看護の技-外来での展開-」
ファシリテータ:
泊  祐子(大阪医科大学教授)
松倉とよ美(滋賀県立小児医療センター看護師)
竹村 淳子(大阪医科大学看護学部准教授)
流郷 千幸(聖泉大学教授)
古株ひろみ(滋賀県立大学看護学部准教授)
交流集会IV 「看護師が行う口腔ケアの独自性とエビデンス」
ファシリテータ:
道重 文子(大阪医科大学教授)
鈴木 俊夫(鈴木歯科医院・口腔ケア学会理事長)
堀  良子(新潟県立看護大学教授)
鎌倉やよい(愛知県立大学看護学部教授)
交流集会V 「質的研究をめぐる諸問題:質的研究の結果は一般化できない?」
ファシリテータ:
谷津 裕子(日本赤十字看護大学教授)
北  素子(東京慈恵医科大学医学部看護学科教授)
交流集会VI 「新任期保健師の現任教育について考える-新任期保健師の活動計画と評価能力育成プログラムの開発から-」
ファシリテータ:
桝本 妙子(前・明治国際医療大学教授)
植村 小夜子(滋賀県立大学准教授)
田中 小百合(明治国際医療大学准教授)
三橋 美和(京都府立医科大学講師)
堀井 節子(京都府立医科大学講師)
徳重 あつ子(明治国際医療大学准教授)
神原  惠(神戸常盤大学教授)
特別交流集会I 国際活動推進委員会企画「ここが変ですあなたの英語抄録-英語らしい表現に近づけるためのポイント-」
講師:原田 裕子(聖隷三方原病院・病院チャプレン)
委員:井上 智子他
特別交流集会II 研究倫理委員会企画「研究倫理を考えよう-国際看護協会ガイドライン(Ethical Guidline for Nursing Research)から-」
委員:石井 トク他
特別交流集会III 将来構想検討委員会企画「長期意識障害・寝たきり(廃用症候群)患者の生活行動回復看護の技術開発と成果」
紙屋 克子(静岡県立大学大学院教授)
林  裕子(北海道大学大学院准教授)
日高紀久江(筑波大学大学院准教授)
福良  薫(北海医療大学看護福祉学部講師)
奨学会研究発表 「特定高齢者対象の転倒予防教室における運動前の足浴の転倒予防効果の検討」
発表者:本多 容子(大阪大学大学院医学系研究科)
座長:泉 キヨ子(帝京科学大学医療科学部看護学科設置準備室)
看護研究の倫理問題 よろず相談コーナー 研究倫理委員会企画
Nursing Science Cafe 中木 高夫(日本赤十字看護大学教授)
永田  明(愛媛大学大学院助教)
大石 朋子(神奈川県立保健福祉大学助教)
ランチョンセミナー 日時:平成23年8月7日 12時10分~13時05分
ランチョンセミナーI 「看護における測定用具開発のプロセス」
主催・株式会社 医学書院
講師:舟島なをみ(千葉大学看護学部教授)
会場:第5会場(311・312)
ランチョンセミナーII 「災害看護学はどう生きるか:東日本大震災が投げかけるもの」
主催・株式会社 照林社
講師:酒井 明子(福井大学医学部看護学科教授)
会場:第7会場(411・412)
★当日朝、整理券をお配りする予定です。定員になり次第締め切ります(先着順)
★詳細は追ってお知らせいたします。

【懇親会】

  • 日 時:平成23年8月7日(日)18時~20時
  • 会 場:パシフィコ横浜・会議センター6階ベイブリッジカフェテリア
  • 会 費:6,000円

【学術集会参加費事前払い込みのご案内】

<参加費>
  事前登録
6月24日(金)まで
当日登録
会 員 11,000円 12,000円
非会員 12,000円 14,000円(抄録集込)
学 生(当日のみ)
(一律)
3,000円 3,000円
  • 大学院生及び看護師資格を有する研修学校生などは学生に含みません。
  • 事務処理上、事前参加申し込みは、平成23年6月24日(金)で締め切らせていただきます。それまでに申し込みをされ、入金確認ができた非会員の方には抄録集と参加証を郵送いたします。会員の方には全員、抄録集は郵送されますが、入金確認ができた会員の方には参加証を抄録集郵送の際に同時に郵送します。
<事前参加登録方法>

第37回一般社団法人日本看護研究学会学術集会ホームページ(http://jsnr37.umin.jp/)よりご登録ください。
ご登録時に参加登録番号を忘れないようにメモしておいてください。
参加費支払いは、「郵便局払い込み」と「ネット決済」・「コンビニ決済」の3通りです。ご登録時に画面の指示に従って参加費をお支払いください。

【プレカンファレンスセミナー(学会前日)参加募集のご案内】

日時 平成23年8月6日(土)13時開場、13時30分~16時45分
会場 パシフィコ横浜・会議センター3階(301+302)
セミナー1 「研究テーマ絞り込み及び研究計画書作成において陥りやすい問題とその対応」
時間:13時30分~15時
黒田 裕子(北里大学大学院クリティカルケア看護学教授)
セミナー2 「はじめてのアンケート調査-エクセルを使った処理の基本」
時間:15時15分~16時45分
柏木 公一(国立看護大学校准教授)
募集人数 スクール形態288名(定員になり次第、締切となります)
会費 ¥5,000円(2セミナー分の費用です。セミナーを1つだけ受講の場合も料金は同じです)
<プレカンファレンスの申し込み方法>

申し込みは、ホームページ上で事前参加登録と同時に行えます。

  • 事前申し込み締切は、平成23年6月24日(金)です。先着順に登録しますので締切を待たないで定員となった場合は、その時点で締め切らせていただきます。お早めの申し込みをよろしくお願いいたします。
<プレカンファレンスセミナー参加費の振り込み方法>

上記の要領でホームページからプレカンファレスセミナー参加をご登録いただいた際に、画面の指示に従って参加費をお支払いください。参加費の支払い方法は、「郵便局払い込み」と「ネット決済」・「コンビニ決済」の3通りです。

【第37回一般社団法人日本看護研究学会学術集会事務局】
〒252-0329 神奈川県相模原市南区北里2-1-1
北里大学看護学部内
FAX:042-778-9069
E-mail:jsnr37-office@umin.ac.jp

第5回評議員選挙
MedicalFinder

学術集会のご案内
  • 第43回学術集会
  • 第43回学術集会はおかげさまで盛会のうちに終了することができました。
    ご参加いただきました皆様、関係各位に心より御礼申し上げます。
  • ●第45回学術集会
    2019年8月20日(火)・21日(水)
    大阪府立国際会議場(大阪市)

J-STAGE

MedicalFinder

イヤーブック

会員情報管理システム

大規模災害支援事業

入会のご案内

一般社団法人日本看護研究学会へのご入会には本学会評議員の推薦が必要です。当ホームページでは登録仮申請を行っております。

トップページに戻る